医療安全に関する情報

“事故に学べ”、再発防止・医療安全対策には、有害事象の収集・分析が重要で、しかも、それを医療界が共有することであります。また、研修体制の推進にも活用されます。地域医療、特に周産期救急医療体制整備にも活用されます。そこで、JALAの活動として、「無痛分娩有害事象収集分析事業」を立ち上げ、以下のような活動を行うことといたしました。無痛分娩取扱施設におかれましては、有害事象の報告に協力していただきたくお願い申し上げます。

基本情報 投稿記事一覧

PAGE TOP