メニュー

厚生労働省無痛分娩関連研究班の活動 投稿記事一覧

厚生労働省無痛分娩関連研究班の活動 投稿記事一覧です。下記のタイトル一覧をクリックすると記事の詳細が閲覧できます。一覧は投稿された順に時系列で表示されています。

JALAと厚生労働科学研究との関係について

JALAと厚生労働科学研究との関係について   無痛分娩関係学会・団体連絡協議会(JALA)は、平成29年度の厚生労働科学研究費補助金(厚生労働特別研究事業)「無痛分娩の実態把握及び安全管理体制の構築についての研究」の研究成果に基づいて、組織されました。  今後のJALAにおける活動の一部は平成30年度厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)「周産期医療の質の向上に寄与するための、妊産婦および新生児の管理と診療連携体制についての研究」(研究代表者 池田智明)の分担研究「 無痛分娩の安全な提供体制の構築のための諸体制の開発に関する研究 」 (分担研究者 海野信也)(無痛分娩分担研究班)との共同研究として実施されます。無痛分娩の安全対策に関する平成29年度からの厚生労働科学研究における研究活動については、以下のJALA医療関係者向けサイトの記事をご参照下さい。  平成29年度厚生労働科学研究費補助金(厚生労働特別研究事業)「無痛分娩の実態把握及び安全管理体制の構築についての研究」について 平成29年度厚生労働科学研究費補助金(厚生労働特別研究事業)「無痛分娩の実態把握及び安全管理体制の構築についての研究」総括・分担研究報告書 無痛分娩分担研究班「無痛分娩の安全な提供体制の構築のための諸体制の開発に関する研究」について

JALAサイトについてのご説明

JALAサイトでは、なにをやろうとしているのでしょうか? 無痛分娩について、一般の方向けに、そして医療関係者向けに情報提供を行います 提供する情報は以下の通りです。 無痛分娩についての一般的な知識 無痛分娩を取扱っている分娩施設の情報 無痛分娩の安全性向上のための取組に関する情報   JALAサイトができたのはなんのためですか? 無痛分娩の安全性について、不安、懸念が拡がっている中で、無痛分娩についての信頼性の高い情報を少しでも、一般の方に届けやすくするためです。   JALAサイトは、どういう経過で作られたのですか? 2017年に無痛分娩に関連した医療事故のニュースが報道されて、無痛分娩が安全なものなのか、日本の社会で大きな問題となり、妊産婦さんの間にも不安が拡がりました。 この状況の改善策を検討する目的で、厚生労働省は「無痛分娩の実態把握及び安全管理体制の構築についての研究」という特別研究班を組織しました。研究班では2017年度末に検討の結果を「無痛分娩の安全な提供体制の構築に関する提言」にまとめ、公表しました。その中の「無痛分娩の提供体制に関する情報公開の促進のための提言」には、次のように書かれています。 無痛分娩取扱施設は、無痛分娩を希望する妊婦とその家族が、分かりやすく必要な情報に基づいて分娩施設を選択できるように、無痛分娩の診療体制に関する情報をウェブサイト等で公開すること。 無痛分娩に関わる学会及び団体は、妊婦とその家族が、必要な情報へのアクセスを容易にするため、情報公開を行っている無痛分娩取扱施設をとりまとめたリストを作成し、ウェブサイト上で公開するとともに、妊婦とその家族、無痛分娩取扱施設等に対して、このような取組の更なる周知徹底を図ること。 この提言を実現し、より安全な無痛分娩を提供できるようにするとともに、するために、無痛分娩に関係する産婦人科、麻酔科関係の学会・団体や日本医師会、日本看護協会が参加して2018年7月に無痛分娩関係学会・団体連絡協議会(JALA)という組織を作ることになりました。そしてJALAサイトの開設準備をはじめ、2019年2月に医療関係者向けサイトが、2019年3月に一般の方向けサイトがオープンしました。 時間はかかってしまいましたが、厚生労働省からの支援をいただきながらわが国で無痛分娩に関係している学会・団体が一致協力して、無痛分娩の安全性向上と情報公開の活動を進める体制を作ることができました。 今後は、JALAサイトを通じて、無痛分娩に関する様々な情報をわかりやすくお伝えしてまいります。
PAGE TOP